日本を代表する刀匠

日本を代表する刀匠

 

古来、数多くの名工が優れた日本刀を生み出してきました。それらのドラマには枚挙にいとまがありませんが、あえて刀匠の白眉を挙げ、日本を代表する刀匠を示すとしたらどうでしょうか。

 

 ひとつには、「日本刀の代名詞」とさえいわれる、「正宗(まさむね)」の名が挙げられるでしょう。

 

 正宗とは、鎌倉時代末期〜南北朝時代初期にかけて相模国(現在の神奈川県の大部分に相当)鎌倉を拠点に活動した刀工で、「五郎入道正宗(ごろうにゅうどうまさむね)」、「岡崎正宗(おかざきまさむね)」、「岡崎五郎入道(おかざきごろうにゅうどう)」などと称されることもあります。

 

 日本を代表する五種類の刀剣作風の一つ、「相州伝」の創始者であり、後世の刀工に多大な影響を与えたといわれています。

 

 知名度と作刀数の多さに反して、在銘のものがほとんど存在しないことから、明治期には正宗の存在を疑問視する声もあったようですが、現在では実在の刀工であることが証明され、刀4口・短刀5口が国宝に指定されています。

 

 その他、重要文化財としても多数がしていされ、皇室所蔵の御物などもあります。
 もうひとつは、「関の孫六(せきのまごろく)」こと、「孫六兼元(まごろくかねもと)」でしょう。

 

 日本刀製作のメッカのひとつ、関を象徴するともいえる名工のひとりで、特に16世紀初頭に活躍した二代目の兼元を「孫六兼元」と呼び、彼の作品は刀剣評価の最高ランクである「最上大業物」に列せられています。

 

 凄まじいまでの切れ味を誇る刀として有名であり、石造りの地蔵尊を両断した、切りつけると念仏を二回唱える間をおいて真っ二つになった、などの伝説を残しています。

 

 戦国武将が好んで佩刀したことでも知られ、武田信玄や豊臣秀吉、前田利政や青木一重など、名だたる武将に愛されたことでも、その実戦性の高さと人気伺えます。

日本を代表する刀匠記事一覧

正宗について「正宗(まさむね)」とは、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて鎌倉を拠点に活動した刀工で、刀剣史上最も著名な刀匠の一人とされています。 正宗を指して「日本刀の代名詞」と言わしめるほどに知名度が高く、切れのある味わいの日本酒に対しても「〜正宗」と命名されることがあるなど、広く人口に膾炙しています。 日本を代表する刀剣の作風として、山城国・大和国・備前国・美濃国・相模国の五カ国の刀工が確...

正宗について正宗(まさむね)は、鎌倉時代から、南北朝時代のはじめごろに、相州(現:神奈川)に活動した刀工。「正宗」といえば、と聞くと、最初に思い浮かべるのはやはり「刀」のことでしょう。実際に正宗というのは以前に存在した刀匠のことで、その名作ぶりは今でも語り継がれているほどです。しかし、他の刀の話よりは誇張されていたり、もしくは曖昧としていてはっきりしたイメージがつかめない、ということも多いのではな...

村正について「村正(むらまさ)」という刀の銘を聞いて何をイメージされるでしょうか。 恐ろしいほどの切れ味を誇りながらも、遣い手や周囲の人間に災厄をもたらす呪いの刀…いわゆる「妖刀・村正」を想起するのではないでしょうか。 村正は実在の刀匠で、伊勢地方の桑名を拠点として活動した一派で、戦国期の実用品としての作例が多いといわれます。 何故この村正が「妖刀」として恐れられるようになってしまったのでしょうか...

江戸時代の腕利き刀工、虎徹数多く存在する日本刀、そしてその中でも著名である名刀の一つに、「虎徹」があります。他の刀と同じように、「虎徹」とはそもそもその刀を作った刀匠の名前で、刀そのものの名前というわけではありません。そのため、複数の「虎徹」が存在しています。しかし、それらはやはりほとんど、価値の高いものとして扱われています。虎徹(興里、長曽禰興里(ながそねおきさと)、乕徹など銘は複数あるが全て同...

一概に最強は決められない古くから、日本にはさまざまな日本刀が存在します。その特徴はそれぞれによって違いますが、刀によっていろいろな傾向があるのが事実です。芸術鑑賞用だったり、儀礼用だったり、実用的だったり、などですね。では、この中で一番強い日本刀、「最強の日本刀」は、存在するのでしょうか?結論から言いますと、最強の日本刀、というのは一概に決めることはできません。何故なら、今それを証明するための方法...